経験豊富なWEBエンジニア・プログラマーが多数在籍

大切なWEBサイトだからベテランエンジニアに頼みたい

会社のホームページは会社を表すいわば顔、その顔である自社サイトが真っ白であったり、レイアウトが崩れぐちゃぐちゃであれば取引先や顧客の信用を失い、大事なビジネスチャンスを逃しかねません。その大切なホームページが壊れてしまった場合、一刻も早く修復する必要がありますが、ワードプレスの場合、PHPというプログラミング言語を使ってWEBサイトが構築されており、修復するのには相応の技術が必要です。WordPress救急隊には元大手有名IT系企業勤務のシステムエンジニア、WEB専門の知識に長けたプログラマー、WEBデザイナーが在籍しておりますので安心してご依頼頂けると思います。

我々、技術者が真っ先にするのは原因を特定することです。その原因を明らかに、どうすれば解決できるかを瞬時に判断いたします。また、プロの責任として、FTP情報が不明であったり、サーバー内にあるデータベースにアクセスが出来ない場合など、解決方法が見い出せないときでも代わりになる代替案をお教えいたします。

WordPressに記事を書くだけであれば極端な話、普段ネットを見てeメールをしている人であれば誰でも出来ますが、修復やカスタマイズはかなりの技術力を要し、ホームページを作ることが専門のWEBデザイナーじゃ対処出来ないことが大半です。そんなとき頼りなるのはワードプレス、PHP、Javaスクリプトなどの専門知識に長けたシステムエンジニアやWEBプログラマーです。WordPress救急隊には複数のシステムエンジニア(SE)、プログラマーが在籍しているため、殆どの事象に対処が可能です。

PHPのバージョンアップ、テーマ・プラグインの自動更新、管理画面内の外観から誤ってPHPをいじってしまったなど、WEBサイトが壊れるには壊れるだけの原因が必ずあります。その原因を突き止め、解決できるのはWordPressを熟知したものでなければまず不可能です。

ワードプレスで作ったサイトが異常をきたし、なにかトラブルが発生してしまった場合は無理にいじらず、そのままプロのWEB技術者に依頼する方が時間も短く済み、確実です。

弊社では直接プログラマーと電話で会話することも可能であり、コミュニケーションが取りやすいのも特徴の一つです。また、WordPress救急隊ではホームページ制作会社、広告代理店、フリーのWEBデザイナーからのご相談も受け付けております。クライアントさんからの急な修復依頼にも即日対応いたします。

スマートフォンからは画像タップで電話が掛けられます。

ページ上部へ戻る