adminの記事一覧

  1. マルウェア感染によるサイト修復のご相談

    ご相談内容数日前からサイトのアクセス数が減り、確認すると運営しているプログ形式の2サイトが中国系の販売サイトに飛ばれてしまう。また、ダッシュボード(管理画面)にも入れず、どうしていいか分からない。

    続きを読む
  2. サイトが更新されないのは画像のせい?

    記事を更新しても表示されないのは画像が原因かもしれません時折、ご相談いただく、なにもしていないのに突然サイトが見れなくなってしまったり、或いは記事の更新が出来なくなってしまうこと、早速、サイトを拝見すると、トラブルも起きておらず、WordPressやPHPのバージョンはもちろんのこと、プラグ...

    続きを読む
    • サイトが更新されないのは画像のせい? はコメントを受け付けていません
    • スタッフブログ
  3. さくらインターネットから約5倍高速化された新サーバーを提供予定です

    WordPress(ワードプレス)の構造上の欠点としてあるのが、HTMLとCSSのみで作られた旧態依然型のWEBサイトと比べて、表示速度が遅いという問題があります。ご存知の通り、ワードプレスはサーバー内にあるデータベースの中から情報を取り出してブラウザに表示されます。

    続きを読む
    • さくらインターネットから約5倍高速化された新サーバーを提供予定です はコメントを受け付けていません
    • スタッフブログ
  4. サーバーやドメインの管理者を確認してください

    レンタルWEBサーバー、ドメインの管理者の確認をしてください弊社にワードプレスの修理を依頼される方で意外に多いのが、制作会社や知り合いに頼んでホームページやプログを制作してもらったものの、その制作会社や知り合いと連絡がつかなくなってしまいサーバー情報もドメイン情報も分からなくなってしまってい...

    続きを読む
    • サーバーやドメインの管理者を確認してください はコメントを受け付けていません
    • スタッフブログ
  5. 相変わらずWordPressの復旧のご相談は多いです

    弊社は元々WEB制作会社です。復旧の専門家というより、WordPressを使ったサイト制作の専門家です。

    続きを読む
    • 相変わらずWordPressの復旧のご相談は多いです はコメントを受け付けていません
    • スタッフブログ
  6. WordPressは制作するよりも修復する方が難しい

    2021年現在、全WEBサイトにおけるワードプレスで制作したサイトの割合は40%と言われています。

    続きを読む
    • WordPressは制作するよりも修復する方が難しい はコメントを受け付けていません
    • スタッフブログ
  7. さくらインターネットのSSLサーバ証明エラーの対処法

    「【重要】SSLサーバ証明書 有効期間に関するご案内いつも、弊社サービスをご利用いただき誠にありがとうございます。ご利用中の無料SSL機能で使用している「Let's Encrypt」の有効期間満了まで【約15日前】となりましたのでご案内いたします。

    続きを読む
    • さくらインターネットのSSLサーバ証明エラーの対処法 はコメントを受け付けていません
    • スタッフブログ
  8. ホームページの修復にはサーバー情報が必要です

    WordPressの修理・修復作業の大半はWEBサーバー側から作業を致します。修復作業をするにあたってはWordPressのログインIDとパスワードをお聞きいたしますが、修復を依頼されるぐらいですからそもそもWordPressの管理画面に入れないことが殆どです。

    続きを読む
    • ホームページの修復にはサーバー情報が必要です はコメントを受け付けていません
    • スタッフブログ
  9. マルウェアに感染してサイトがリダイレクトされる

    いつもWordPress救急隊をご利用頂きましてありがとうございます。昨年5月から今年2月17日現在、ご依頼頂きました、ワードプレスの修復・修理のご依頼は100%達成しています。修復・修理ご希望のお客様は安心してご依頼ください。

    続きを読む
    • マルウェアに感染してサイトがリダイレクトされる はコメントを受け付けていません
    • スタッフブログ
  10. ホームページ、ブログの改竄について

    相変わらず、ホームページ、ブログを改竄されてしまったお客様からのご相談を承ります。具体的に何がサイトを改ざんされる原因だという確実なものはありませんが、概ね、サーバーセキュリティの問題と劣化したプラグインからの不正アクセスということがあげられます。

    続きを読む
ページ上部へ戻る